活性酸素を働きを抑制する効果を持つ抗酸化物質について

活性酸素を働きを抑制する効果を持つ抗酸化物質について

アンチエイジングの基本は日頃から酸化予防を意識する事です。
酸化とは細胞を錆びつかせる事で、人にとってはこれが「老化」となります。

 

原因となる物質は活性酸素であり、これは呼吸をする事でも発生しますので、人が生きている限りは常に発生し続けています。
その活性酸素を働きを抑制する効果を持つのが「抗酸化物質」です。

 

今回はサプリメントとして使われている抗酸化物質について解説をしていきたいと思います。

 

高い抗酸化力を持つ「リコピン」

 

リコピンはトマトなどに含まれているカロテノイドです。
高い抗酸化効果を持ち、ビタミンEの数百倍もの効果を持つと言われています。
食事で十分な量を摂取するにはトマトやトマトジュースを毎日摂取する必要がありますので、難しい場合はサプリメントで摂取するのがおすすめです。

 

植物性食品に広く分布する「アントシアニン」

 

植物性の食品に含まれているフラボノイドで、抗酸化効果がある事で知られています。
こちらは果物類、野菜類、豆類などの色々な食品の中に含まれているので食事からの摂取も比較的しやすいですね。

 

様々なアンチエイジング効果が期待できる「プラセンタ」

 

プラセンタとは胎盤の事で、胎盤から抽出されたエキスがサプリメントとして利用されています。
抗酸化効果だけでなく、プラセンタには細胞を成長させる因子が含まれており、しわやたるみの防止等の様々なアンチエイジングにとって嬉しい様々な効果が期待できます。
他にもメラノサイトの働きを抑える効果もあり、美白効果も期待できます。
また、プラセンタはサプリメントとして摂取した場合は効果を十分に得られにくいという説もありますので、少しでも効果を実感したければなるべく高容量のサプリメントを選ぶと良いかもしれません。

 

最後に小さな努力

 

アンチエイジングは小さな努力の積み重ねです。
短期間では中々変化を感じる事ができないかもしれませんが、気長に続けていけばきっと体は変わってくるでしょう。
ふとした頃に「そういえば変わってきたかな」と気づく感じです。
サプリメントを利用して効率的に抗酸化物質を摂取し、老化を予防していきましょう"