筋肉のつき方をコントロールするには筋トレを工夫する

筋肉のつき方をコントロールするには筋トレを工夫する

細マッチョ、ゴリマッチョ、と数年前に少し話題になりましたね。もちろん、筋肉の付き方には個人差があります。

 

中には女性でも腕がかなり太くなってしまう体質の方も、男性で筋トレをしているのに腕は太くならず、よりほっそりと筋肉だけの固い腕になってしまう、という場合もあります。ですが、それを多少コントロールすることが可能なのです。それは単純に、筋トレのやり方を工夫するだけでいいのです。細い筋肉が欲しいという人は、短時間に多めの回数をこなす筋トレ方法がオススメです。逆に太くしたいのであれば、長時間に少ない回数をこなす筋トレ方法が効果的でしょう。

 

これには筋肉の持続力が大きく関わっています。それはスポーツ選手、日々力仕事をしている人などを見るとよく分かるでしょう。例えば工事現場などで日々重い物を持っている従業員の方には太い筋肉を持っている人が多く見られます。重たい物をずっと持っているから、と仮定しましょう。同様に重たいものを持つスポーツ選手、重量挙げや、自分自身の何十キロという重りを腕で支える体操選手などもかなり太い筋肉をしていますね。

 

そう考えると、ずっと重たいものに耐えるために筋肉はより強固に、より太くなると考えられます。逆に細い筋肉のスポーツ選手は、運動量の多いサッカー選手やマラソンランナーに多いです。もともと、筋トレをする必要があまりない、ということも考えられますが、それでもウェイトトレーニングは必須で行っているでしょう。それなのに比較的に細い筋肉になるのには理由があります。それは筋肉自体が脂肪を燃焼するのに非常に効果的だからです。

 

運動をするときには必ず脂肪が燃焼されますが、筋肉があると必要以上に燃焼の手助けをしてくれるのです。つまり、回数をこなす筋トレをすると、筋肉を付けた、さらに脂肪燃焼も同時に行えるのです。また、脂肪自体が筋肉に変質していくので、脂肪が減少すると付く筋肉も自然と減少し、結果的に細い筋肉が出来上がるのです。以上のように、自分自身がどんな筋肉を付けたいのか、筋肉を付ける目的はなんなのか、ということをトレーニングを始める前に考えておけば、自分の求める体に近づけるようになります。

 

自分自身の筋肉をどうつけるかをコントロールすれば、筋トレも意外と楽しく思えるようになるかもしれませんね。