筋肉の超回復を知ることで効率のいい筋トレができる

筋肉の超回復を知ることで効率のいい筋トレができる

美容や健康のために筋トレを行っている方たちも多いと思いますが、
みなさんは「筋肉の超回復」というのをご存知でしょうか?
私たちの体に筋肉がつくメカニズムを知ることによって、今よりもっと効率のいい筋トレを行うことが出来ます。

 

筋トレというのは、筋肉に負荷をかけることです。
ダンベルなどの重石を使うこともあれば、ゴムなどを利用する方法、プールで行うものであれば水圧を利用した方法など、様々な負荷のかけ方があります。
腕立て伏せなどは、自分の体重の負荷を利用していますよね。

 

筋トレをして筋肉に負荷がかかると、私たちの体は「筋肉が傷ついた!」と反応します。
そして体にもともと備わっている「自己治癒能力」が発揮されます。
怪我をして血が流れれば、血を止めて傷を回復させようとする能力と同じように、
筋肉も傷ついたから、筋肉の細胞を直さなくては!と体が反応するのです。

 

面白いのがその後の現象です。
普通は「自己治癒能力」で体が傷ついた部分は、傷つく前の元の状態に戻るだけの能力なのですが、筋肉においては「元の状態より強化された状態」に回復されるのです。
それが「筋肉の超回復」であり、筋トレをすると筋肉がどんどん体についてくるメカニズムです。
ですから効率よく筋肉をつけるためにはこの「筋肉の超回復」のタイミングを重視する必要があるのです。

 

筋トレを行って、超回復の時間をとらずにまた筋トレをはじめてしまうと、筋肉の組織が壊れ続けるだけで、筋肉をさらにつけようとする時間が奪われてしまうことになります。
「超回復」の時間は、48時間〜72時間と言われています。
つまり1日かけて筋肉の組織に負荷をかけた後に、回復するには2〜3日かかるということです。
人によって超回復の時間は違いますので、大体2日おきにトレーニングを行うのが間違いがないと言えます。

 

ですから筋トレをした後は、この「超回復」を意識して、きちんと休養をとることが筋肉をつけるために欠かせないプロセスだったのです。
早く筋肉をつけたい!早く痩せたい!と思う一心で、毎日激しいトレーニングをしても効果があまり発揮されないということですね。

 

いかがでしたでしょうか。
この「超回復」を意識しながら、効率のいい筋トレを行いましょう!